Sharerob(シェアロブ)

情報をシェアするサイト。

梅原真のデザインや作品は?Wikiや経歴を調べてみた!

      2017/12/11

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

 

梅原真さんは高知県のグラフィックデザイナー

として活動しています。

 

そんな梅原さんがどんなデザインで

作品を作っているのか調べてみました。

スポンサーリンク

梅原真のデザインや作品は?

梅原さんのデザイン戦略は

一次産業に焦点を当て

今まで売れなかった

商品や価値が無いものに対して

デザインという付加価値を施し

商品を生み変わらせるという

商品本来の良さを引き出すことに

力を注いでます!

 

その戦略で生まれ変わった作品がこちらです!

58b3ef39af1e216d80a2f044bb3c780f

引用:www.pinterest.com

 

tpc-thi-innovators-005-photo5

 

tpc-thi-innovators-005-photo4

tpc-thi-innovators-005-photo3

 

tpc-thi-innovators-005-photo2

引用:http://colocal.jp/topics/think-japan/innovators-intaview/20130225_15709.html

 

どれも独特のデザインをしていて、

ついつい目に止まってしまいますね!

 

これなら購買意欲も高まるかもしれませんね。

スポンサーリンク

Wikiや経歴を調べてみた!

wikipediaで調べてみると

砂浜Tシャツアート展

と検索されます!

 

高知県幡多郡黒潮町の入野海岸にある

砂浜美術館で開催される、

Tシャツアートの展覧会で

第一回は1989年に黒潮町職員の

松本敏郎がデザイナーの梅原真とともに

砂浜美術館を設立といったように

こちらでもデザイナーとして

活躍されているみたいですね!

 

公式サイト:砂浜美術館

 

経歴はというと、

1950年 高知市生まれ、香美市在住

      小学生4年生の時に父親の転勤で和歌山に転居

      大学卒業後、高知市内のテレビ局関連会社に就職、美術・大道具を担当

1979年 テレビ局関連会社を退職

1980年 梅原デザイン事務所設立

1988年 「一本釣り・藁焼きたたき」

1995年 〜(株)四万十ドラマのプロデュースに関わる

1997年 四万十川流域から各界著名人に水への思いを募り、エッセイ集「水」を出版

      「四万十のひのき風呂」

1998年 〜赤岡町まちづくりワークショップ

2005年 「しまんと新聞ばっぐ」

      「絵金蔵」完成

2009年〜「84(はちよん)プロジェクト」開始

2010年 これまでの仕事・デザインをまとめた「ニッポンの風景をつくりなおせ」を出版

2012年〜「しまんと新聞ばっぐ東北プロジェクト」

引用:http://www.corezo.org/home/corezorecipient/2013/umebaramakoto

 

これだけ多くのことに

貢献しているみたいですね!

 

まとめ

梅原さんにはこだわりがあり都会の商品に

注目するのではなく、田舎にある商品を

再生させ田舎本来の風景を残すために

デザインという戦略で地域活性化を

図ってます!

 

とても素晴らしい考えだと思いました!

 

改めてデザインという可能性がもたらす

経済効果は計り知れないのかもしれませんね!

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしていただけると助かります。

 - テレビ