Sharerob(シェアロブ)

情報をシェアするサイト。

里見咲紀(女流棋士)のWikiや出身高校は?姉や彼氏を調べてみた!

   

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

photo_31

出展:http://kifulog.shogi.or.jp/joryu_ouza/2014/04/post-3454.html

 

どうも~ユウヤです!

 

つい先日、将棋の関西研修会で、規定の成績をあげたとして

女流3級の資格を獲得した里見咲紀さん。

 

姉は、女流四冠のタイトルを持つ方で、

クイーン名人の称号を獲得している”里見香奈”さん。

 

史上3組目の姉妹棋士としても、

注目を集めているみたいですね!

 

今回は、モデルのように、かわいいと話題になっている

妹の咲紀さんについて見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

里見咲紀のWikiは?

 

Wikiについて、調べてみると研修会員だった

ということもあり制作はされtれいませんでした!

 

ということで、今後の活躍に期待を込め~て

Wiki風プロフィールとして紹介していっちゃいますね☆

 

プロフィール

無題-4-225x300

名前:里見 咲紀(さとみ さき)

生年月日:1996年4月28日

年齢:19歳

出身地:島根県 出雲市

出身高校:つくば開誠高等学校

趣味:ピアノ

師匠:森 けい二 九段

研修会入会:2012年7月、E1入会

得意戦法:振り飛車

咲紀さんが、将棋を始めたきっかけは、

家族環境にあったといいます!

 

もちろん姉である、里見香奈さんの影響が、

大いにあったとは思いますが、向上心を高める上では、

これほど、お手本になる存在もいないのかなと思いますね!

 

姉の香奈さんもの影響で、将棋に興味を持ったと

語っていましたので、将棋一家ということになりますねw

 

出身高校について!

 

出身高校については、つくば開誠高等学校”

通っていたみたいで、茨城県牛久市にある

私立広域通信制高等学校のようです!

 

おそらく地元である島根から上京して、

通信制の学校に通っていたんでしょうね!

satomi-saki-1

結構、将棋をやっている人って、

研修会などで、ずーと入り浸っているイメージが

個人的には強いので、少しでも時間を有効に使うために

毎日通っているのかなと思います!

 

大学についても調べてみましたが、

どうやら、進学はしていなさそうですね!

 

女流3級の資格も得たばかりですし、

これから活躍の場が広がるので、

集中して取り組むためには、考えなかったのかもしれませんね~

 

スポンサーリンク

 

姉について!

 

ご存じの方もいるかと思いますが、

冒頭でも述べたとおり、里見咲紀さんの姉は、

クイーン名人の異名をもつ四冠の女流棋士です!

satomia

20歳2か月という異例の速さで、

史上2人目・史上最年少の女流四冠となっています。

 

最初の女流四冠最年少記録を残したのは、

1996年に、清水市代さんという方が達成した27歳5か月だったそうです!

img2ce00b19zik4zj

香奈さんは、2013年には、史上初の女流五冠を達成しています。

 

妹である咲紀さんが、今後2級昇級条件を満たせば、

中倉姉妹・大庭姉妹に続いて3組目の姉妹女流棋士となるので、

これからが楽しみと言える存在だといえますね(^o^)

 

彼氏を調べてみた!

 

ネットでは、かわいいとかなり話題になっていましたが、

気になる彼氏についてチェックしてみましたが、

案の定、情報はありませんでしたー

 

まぁ、メディアへの露出する機会も今は少ないですからね~

出てこないのも納得できますよね(^_^;)

AS20160214000791_comm

これからタイトルを取りまくれば、

情報もいろいろと出てくると思いますので、

今後の新情報を待ちたいと思います!

 

僕個人としては、彼氏がいるような気がしますが、

それはそれで、複雑な気がしますw

 

なんでかというと、すでにファンになりつつあるからですw

冗談ではありませんが、応援していますので、いい結果を

残せるよう頑張ってもらいたいと思います\(^o^)/

 

外国人・女流棋士3級としてデビューした、カロリーナ・ステチェンスカさん

の詳細については、こちらからご覧になってください!

カロリーナステチェンスカの師匠は誰?将棋の棋力もチェック!

 

まとめ

 

姉妹揃って、かわいいと思いますし実力もあるので、

早く史上3組目の姉妹女流棋士を見てみたいですね(^^)

 

姉との対局も実現するようなことがあれば、

より話題性が出そうなのと、個人的には見てみたいですねw

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

シェアしていただけると助かります。

 - 話題