Sharerob(シェアロブ)

情報をシェアするサイト。

岸本耕作(ミズノ)のグラブはイチローも愛用?wikiもチェック!

   

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

AS20141015002672_comm

出展:朝日新聞

 

岸本耕作さんは、スポーツメーカーで有名なミズノに入社後、

野球グラブの制作を手がけていて、「グラブマイスター」と呼ばれる

ミズノ社内最高位の資格を持たれる方です!

 

特に、メジャー選手や日本のプロ野球選手の制作に携わっていて

年間200人ほどのグラブ制作にあたっています。

 

今回は、そんな岸本さんの職人技術について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

岸本耕作(ミズノ)のグラブはイチローも愛用?

 

冒頭でも述べましたが、岸本さんは数多くの野球グラブの制作を

行っています。

 

みなさんも、もちろん知っているイチロー選手もそのうちの一人です。

岸本さんのグラブ制作はかなり難航していたみたいで、

始めてイチロー選手にグラブを持って行った時は、グラブを手に首を傾げていたと

いう程なので納得いく出来ではなかったようですね!

 

最終的にイチロー選手に認められるまで、50個以上のグラブを作り直したそうです!

使ってもらえるまでの期間としては2年もかかったそうです^^;

並大抵の努力ではなかったと思いますが、岸本さんの根性には

感心させられますね!

 

僕だったら心が折れてますよww

 

AS20150224003303_comm

出展:http://www.asahi.com/articles/ASH2S51MGH2SUTQP016.html

 

今やメジャーという舞台に立っているイチロー選手ですが、

これだけの選手に認められるということはつくり手としては

大変喜ばしいことではないでしょうか?

 

他にも松井 秀喜選手、荒木 雅博選手、井端 弘和選手、宮本 慎也選手などの

グラブ制作もしていたようです。ベテラン選手ばかりですねw

ただ、それだけ岸本さんが信頼されている証でもありますね(^^)

 

岸本さん自身も高校まで野球をやられていたということなので、

グラブ制作や野球に関することも理解しやすいと思うので

より選手の気持ちになって制作に携われるのかもしれませんね!

 

今やプロ野球選手にとってオーダーメイドが主流ですが、

制作金額はいったいどれぐらいなんだろう?って気になりませんか?

 

image-gloveParts

出展:http://baseball.proshop-ss.com/support/glove/mizuno-pro/

 

ポジションや細かいオプション選びで変わってきますが、

オーダーメイドの大体の相場は、3万円~6万円程みたいですね。

 

あくまで目安ですが、プロ野球選手は2つ以上は所持している方が

多いらしいですね。

なので、かなりの金額が掛かっていると思います。

 

シーズン中では、練習用グラブと試合用グラブと使い分けているのが

主流のようです!

 

確かに選手によっては、日によってグラブが変わっていたりしますからねw

 

スポンサーリンク

 

wikiもチェック!

 

残念ながらwiki制作はなかったのでプロフィールとして紹介していきます!

 

プロフィール

名前:岸本耕作(きしもと こうさく)

生年月日:1957年8月12日

年齢:58歳

出身地:兵庫県宍粟郡

所属:ミズノ

 

今やミズノという大企業に務めている岸本さんですが、

どういった経緯で入社したのでしょうか?

 

実は岸本さんの住んでいた近所にグラブ工場があり、中学生の頃から

知っていたようです!

 

初めは、地元にこんな大企業に就職できるチャンスがあるんだと思ったのが

きっかけでした。

 

それで、1976年に見事に入社したというわけです。

入社してからは各専門の方に指導してもらい経験を重ね今ある

グラブマイスターと呼ばれるまでになったわけなんですね!

 

最終チェックは手作業がほとんどだと聞くので根気のいる仕事ではありますね。

それだけグラブに込められた重いというのは計り知れないと思います。

 

まとめ

 

グラブ作りに込められた思いは様々あると思いますが、

使っていく人によって思い出のあるグラブになりますもんね。

 

これからも岸本さんのグラブ技術をいろいろな方に

提供し続けていって欲しいと思います!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

シェアしていただけると助かります。

 - スポーツ