Sharerob(シェアロブ)

情報をシェアするサイト。

覇道高校(強化)で9000点をだすデッキは?攻略や立ち回り方を紹介!

      2017/10/09

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも~ユウヤです!

再び、覇道高校で前回同様のパワーアップ仕様が限定で来ましたね~

 

パワーアップ期間でなければ、9000点以上出せない高校も多数あるので、

ぜひ、この機会に覇道高校で挑戦しておきたいですよね~

 

さらに、今回は前回のオーバーヒート練習より経験点がアップしてるそうなので、

より育成のしやすさが上がっているそうです!

 

今回は、実際僕もプレイして、9000点以上出したので、

デッキや立ち回り方などについて紹介していこうと思います!!

スポンサーリンク

9000点にオススメのデッキは?

さっそくプレイしていく上で、重要になるのが

「野手か投手」どちらでチャレンジするのかという点だと思います!

 

個人的な体感としては、投手の方が作りやすく野手の方が

若干、作りにくいなと感じました。

 

そこを踏まえた上で、実際に組んだデッキはこちらです!

おそらく多くの人が、”アヘ変”または”アヘ速”などでプレイされていると思います!

僕もこのアヘ変の方法でチャレンジしました!

 

ただ、今回の覇道高校では、「星井スバルや虹谷誠」を連れていけないので、

アヘ変でデッキを組む場合としては痛手な部分ではありますね^^;

 

ちなみに僕のデッキは、「ルシファー、神高、太刀川、犬河、野球マン1号」

組みました!

 

スバルや虹谷が使えない分、調整が大変でした。

あとフレンドには特にこだわりはありませんでしたが、

自分にあった選手を借りると良いと思います!

 

太刀川と野球マン1号(早川あおい)にはコンボもあるので、

こちらもオススメだと思います!!

 

みなさんも揃えやすい「アヘ変デッキ」で挑戦してもらえればいいかなと

言う感じですね!

攻略や立ち回り方について!

上記のように組むデッキが決まったら

次にどのように、攻略していけばいいか見ていきましょう!

 

まず、攻略方法として2通りの方法に別れると思います!

●オーバーヒートが多い練習をこなす

●タッグ練習を優先でこなす

出来れば、大人数でタッグが出来て、オーバーヒートも重なれば、

凄い経験値を貰えるわけですが、個人的な見解として実現するのは

かなり難しいと思います。

 

実際にプレイをしてみて、タッグばかりを追いかける練習で作成した選手は、

8000点に届きませんでした。

 

例えば、同じ変化タッグに同じ人数がいても、

オーバーヒート数が違うだけでも、差がかなり開きます!

上の画像を見てもらえればわかりますが、

オーバーヒートで貰える経験値が「18と240」とこんなにも違うわけです!!!

 

それに加えて、得意練習ではない場所で、

全員がオーバーヒート状態になっている場合、

このように大量に経験点が稼げます!

これはボク個人が良いと思った攻略方法なので、

参考程度にしてもらえればいいかと思います!!!

スポンサーリンク

そして、立ち回り方については、

セクション1で評価やコツ回収をして

セクション2~4までは、ひたすら経験点が貰える練習

重点的に行います!

 

オーバーヒートで経験点が貰えるならそちらに、

タッグ練習で経験点が貰えるならこっちにと、

臨機応変に立ち回って下さい!

 

そうして繰り返せば、経験点が出ると思います^_^

実際に作った選手の作成例!!

それでは、実際に僕が作った選手について、

紹介したいと思います!

初期値はこのような感じで、センス◯なし、アイテムはMAXドリンクと招き猫です!

セクション1では、先程のように評価を上げつつ出来れば、

コツ回収をしていきます。

 

セクション2からは、号令が可能になるので、

状況により使います!

最終的に僕はあまり、号令を使わず作成しましたが、

そこは、みなさんの判断に任せたいと思います。

セクション2~3は、まぁまぁ良かったんですが、

セクション4では、オーバーヒートが全然重ならなかったので、

伸び悩みましたが、最終的にギリギリではありますが無事に9000点を超えました。

 

ギリギリで越えたので、ホッとしましたが

もう少し詰めていけば、まだまだ点数が伸びると思います!!

 

他の高校での9000点チャレンジはこちら!!

 青道高校(強化)で9000点をだすデッキは?アヘ速で170km投手達成!

太平楽高校(強化)で9000点をだすデッキは?攻略や立ち回り方を紹介!

 

まとめ

今回の覇道高校でのパワーアップは、前回より伸びにくいなと

感じましたが、やり方によっては越えられないラインではないと思うので、

みなさんも、ぜひ参考にしてみてください!!

 

僕も期間が終わるまで、まだまだチャレンジしようと思うので、

更新できたら追記したいと思います^_^

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしていただけると助かります。

 - ゲーム , , , , ,